バックルプラプラ問題解決


さて、バックルプラプラ問題も解決できるということで
どんな方法かといいますと、くるくるまいてマジックテープで止める。
こんな方法です。
マジックテープも色々あって細い紐のようなタイプが合ってしかも両面タイプ。
表と裏が合わさるとくっつく、普通のマジックテープは
なんていえばいいのでしょう?
凹凸が2枚に別れていると思いますがコレは表裏になっているので
何かをまとめるのに適しているのです。
ソレでバックルのプラプラを巻いて停めておけば
あらスッキリとしたメッセンジャーバッグになりました。
これで、必要なときにはマジックテープをとってバックルを最大限いかせばいいし
普段はできるだけスッキリとしたメッセンジャーバッグとして使えます。
もちろんフラップはしっかりと止めておけるので安心です。
あとは補助のストラップがアレばよかったのですが、実際に使ってみると
そうでもなかったりします。
長距離を走るならあったほうがいいと思いますが
たかが10分位の通勤、必要はないと思います。
もともと、補助ストラップはついていないのでどんなものなのかわからないという
こともあるので、本当に必要なさそうです。

ほかのメッセンジャーバッグ自体使ったことがないので
これが自分のなかでのメッセンジャーバッグの基準になりそうです。
あとは試着とかできますが、荷物が入っていないと感覚が全く違うので
実際のところは使ってみてからが本番って感じですね。

これからも、メッセンジャーバッグは色々探す予定です。
本当に欲しいメッセンジャーバッグが見つかれば今度は
新品で買うつもりです。
壊れることはなさそうなので、使えなくなるまで・・・
何年かかるかわからないので気に入ったメッセンジャーバッグを見つけて
買うことにします。

現時点では今のが一番いいので、満足しています。

フリースを入れても十分な余力もあるので、多少上着とか考える
肌寒い季節にも気軽に荷物を持てることができるので
少し大きめのメッセンジャーバッグをかってよかったと思います。

正直、最初は「大きすぎたかな」と感じていましたが
使い始めるとそうでもない感じです。
妙なカバンだけが浮いているってこともないですし
朝は寒かったけど、帰りは上着いらないなってときに気軽にカバンの中に入れることができる
そんな安心感のあるお気に入りに出会えて良かったです。




Copyright © 2016 自由気ままに自問自答してみます All Rights Reserved.