お気に入りのメッセンジャーバッグの続き


本格的なメッセンジャーバッグを使うようになってわかったことがあります。

しっかりとストラップを短くすることで体にフィットする。
このメーカーのメッセンジャーバッグは小物入れのポケットが沢山あって助かる。
防水加工が完璧なので雨の日でも気にすることがない。

としっかりとメッセンジャーバッグのことを勉強していればなんてことのないことですが
実際に使うと良いことばかりでした。

防水加工については本当にびっくりするくらいでした。
普通の雨の日はかっぱを着て自転車通勤なので
中のもの、スマホとか、お弁当とか、財布とか気になるのですが
カバンの中に水が入らない構造、コレがなんとも言えないくらい、高性能と言うか
しっかりしているので仲が濡れることは一切ないです。

去年の仕事帰り、台風の中帰ったのですが、土砂降りで顔に当たる雨が痛いくらい
本当にひどい雨の中帰りましたが中は一切濡れていなかったです。
流石にヤバイかなと思ったのでスマホとかビニール袋に入れて帰りましたが
そんな心配は必要なかったです。

あとちょっと気に入らないところがあります。

フラップを止める方法がベルクロと、バックル両方の方法があります。
本来はメッセンジャーバッグと言うくらいなのでメッセンジャーが使うものと
考えれば当たり前なのですが、普段はバックルで止めるのはめんどくさいです。
大した時間はかからないですが、さっとできるのが便利なのでベルクロで十分です。
バックルは本当になにか荷物をカバンにくくりつけるガチな方法だと思うので
普段は使うことはないですね。

そんな状況になることはまずないと思いますが。

大きい荷物をくくりつけて自転車走らせている姿はかっこいいと思うのですが
その荷物がないので出番が来ることはなさそうです。

更に問題が発生しました。

そのバックルがプラプラする自体が発生しました。
そもそも、バックルでフラップを留めるという方法が海外の常識?
なのでどうやってもベルクロだけで止めるとバックルはプラプラします。
見た目もスマートじゃないのでどうにかしたいと悩んでいました。
しばらくはプラプラのまま使っていたのですが、本当に邪魔
かと言って切り取ることも考えましたがなんか嫌なので何かいい方法がないか考えていました。

なんといい方法を発見しました。

これならバックルプラプラ問題も解決してしかも何かのとき
バックルでしっかり止めたいときにも本来の使い方ができる方法です。




Copyright © 2016 自由気ままに自問自答してみます All Rights Reserved.